ここから本文です

浦和、西川ら代表組合流 10日鳥栖戦、武藤「中からこじ開ける」

埼玉新聞 9/9(金) 10:30配信

 第2ステージ2位の浦和は第11節の10日、ホームで勝ち点1差の3位鳥栖と対戦する(19時・埼玉ス)。チームは8日、大原サッカー場で約1時間調整した。

 日本代表の西川、柏木、遠藤がチームに合流し、ウオーミングアップ後にハーフコートで11対11のミニゲームを実施。代表の3人も主力組でプレーし、前線は興梠、石原、李が組んだ。2本目は前線が入れ替わり、ズラタン、武藤、高木が務めた。

 リーグ2連敗中で3試合ぶりの白星に向け、「勝たなければ気持ちは切り替わらない」と李。武藤は「アウェーの鳥栖戦では引かれた相手に前が止まってしまった。まず中からこじ開けられるようにやっていくべき。打ち破れる力をレッズの選手は持っている」と自信をにじませた。

 鳥栖とのJ1通算対戦成績は3勝3分け3敗。ホームでは2勝1分け1敗。直近の4試合は1勝3分で負けがない。

最終更新:9/9(金) 10:30

埼玉新聞

スポーツナビ サッカー情報