ここから本文です

全米ジュニア 清水悠太/ 堀江亨組がベスト4進出、フルセットで勝利<男子テニス>

tennis365.net 9月9日(金)8時3分配信

全米オープン

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は8日、ジュニアの男子ダブルス準々決勝が行われ、清水悠太(滋賀県/ パブリックテニスイングランド)/ 堀江亨(岐阜県/ 関スポーツ塾・T)組がS・Sculley(アメリカ)/ N・Stachowiak(アメリカ)組を6-3, 2-6, [10-2]のフルセットで下し、ベスト4進出を果たした。

全米Jr 清水悠太 シードに惜敗

この試合、第2セットを落として相手ペアに流れが傾きかける中、清水/ 堀江組が1時間6分で勝利した。

準決勝では、第3シードのF・Auger=Aliassime(カナダ)/ B・Sigouin(カナダ)組と対戦する。

今大会、清水/ 堀江組は1回戦で第5シードのJ・Mcnally(アメリカ)/ J・Wolf(アメリカ)組を6-1, 6-7 (6-8), [10-7]のフルセットで下し、2回戦ではR・Molleker(ドイツ)/ K・Sultonov(ウズベキスタン)組に6-4, 6-3のストレートで勝利しての勝ち上がり。

また、今大会のシングルスで清水は2回戦敗退、堀江は1回戦で敗れた。

その他の日本勢では第1シードの綿貫陽介(フリー)/ U・Blanch(アメリカ)組が初戦敗退を喫している。

tennis365.net

最終更新:9月9日(金)8時3分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。