ここから本文です

バルサで99試合戦ったスアレスの得点数は驚異の88! これを超えるのはあの化け物ただ1人

theWORLD(ザ・ワールド) 9月9日(金)14時50分配信

アラベス戦に出場すれば100試合目

バルセロナFWルイス・スアレスは、10日におこなわれるリーガ・エスパニョーラ第3節のアラベス戦に出場すれば、バルセロナ加入以降100試合目ということになる。スアレスはバルサ加入以降リーグ戦、チャンピオンズリーグなどあらゆるタイトルを獲得しており、ここまで最高の99試合を過ごしてきた。

99試合を戦った時点で、スアレスは88得点を記録している。これは異常ともいえる数字で、チームメイトのリオネル・メッシやネイマールよりも良い成績を残している。

メッシはバルサで99試合戦った時点で41得点、ネイマールは57得点だ。得点数だけを見てもやはりスアレスはずば抜けている。しかもスアレスはアシストも43記録しており、誰もスアレスを止めることができないまま100試合目を迎えようとしている。

英『Daily Mail』によると、このスアレスの異常な得点数の上を行くのはレアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナウドのみだ。ロナウドは99試合消化時点で95得点を記録している。

また、スアレスの99試合の戦績も素晴らしい。スアレスが出場した99試合でバルサは80勝8分11敗の成績を記録している。一方でネイマールは74勝11分14敗、メッシは67勝18分14敗だ。

もちろん現在のバルサが圧倒的な力を備えていることは事実だが、やはり決定機を確実に決める男スアレスのおかげでバルサは取りこぼしが少なくなっている。ここ2年のバルサの成功はスアレスのおかげとも言えるだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9月9日(金)14時50分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。