ここから本文です

北朝鮮の核実験受け 放射性物質測定結果報告へ/富山

チューリップテレビ 9/9(金) 20:19配信

 北朝鮮が、9日午前核実験を行ったことを受け、県は、午後から緊急の会議を開きました。

 中では、当面、雨などに含まれる放射性物質を測定し、24時間おきに原子力規制庁に報告することを確認しました。

 県庁では、午後3時半から関係部局による危機管理連絡会議が開かれ、県内への影響の確認状況について報告されました。
 それによりますと、9日午後2時までに▼県内の放射線の値に変化は見られず、▼被害の情報も確認されていないということです。

 また、原子力規制庁から各都道府県に対し観測の強化と調査内容の報告が求められていて、県では当面、雨や塵などに含まれる放射性物質を測定して24時間おきに報告します。
 会議で、県の新田危機管理監は、「引き続き情報収集に努め、県民に冷静に平常どおりの生活を続けるよう周知して下さい」と指示しました。

チューリップテレビ

最終更新:9/9(金) 20:19

チューリップテレビ