ここから本文です

C・ロナウドの故郷に肖像壁画 ポルトガル

アフロ 9月9日(金)18時35分配信

 サッカーのポルトガル代表クリスティアーノ・ロナウドの壁画が、同選手の生まれ故郷マデイラ島サン・アントニオの公会堂に描かれた。

 壁画を描いたのは英国人芸術家リチャード・ウィルソンさんで、7月のサッカー欧州選手権(EURO2016)を見てクリスティアーノ・ロナウドに感動し、肖像を同選手の生まれ故郷に描くことを思い立ったという。
 壁画が描かれたのはサン・アントニオの公会堂の高さ10メートルの壁で、町公認。カラースプレーを使って7日に描き始め、現在は完成している。

(ポルトガル、マデイラ諸島マデイラ島 撮影:7日 画像:Newsflare/アフロ)

最終更新:9月9日(金)18時35分

アフロ