ここから本文です

軽米町特産の雑穀をPR 25日、初の「シリアルサミット」

デーリー東北新聞社 9月9日(金)12時7分配信

 国内外から健康食品として注目が高まる軽米町の特産品・雑穀の周知拡大を目的に、25日に町内で初めて開かれる「シリアルサミット2016inかるまい」。町役場では7日、関係者による記者発表会が行われ、山本賢一町長が「軽米の雑穀が、素晴らしい財産であることを改めて多くの人に知ってほしい」と来場を呼び掛けた。

 同町の生産者や商工会関係者などで構成し、昨年7月に発足した「かるまいシリアルライフ開発推進委員会」(高橋靜子委員長)が主催。「雑穀」から英語の「シリアル」へ名称を変えることで、「おしゃれ」「都会的」といった新たなイメージの定着、新たなライフスタイルの提案を行うことを目的に活動を展開している。

 サミットは町農村環境改善センターを会場に、同町産の雑穀を使った料理を提供する東京のホテルニューオオタニ総料理長中島眞介さんの基調講演のほか、雑穀の将来性を話し合うパネルディスカッションも開催。新商品の試食会や販売会などを予定する。

 時間は午前11時~午後2時。

 問い合わせは、同委員会事務局(町商工会内)=電話0195(46)2711=へ。

デーリー東北新聞社

最終更新:9月9日(金)12時7分

デーリー東北新聞社