ここから本文です

「風を感じる」ジャケット写真のTMR20周年記念アルバム 西川貴教が撮影秘話を明かす

E-TALENTBANK 9/9(金) 17:40配信

8日放送の日本テレビ系「ダウンタウンDX」でT.M.Revolutionの西川貴教が20周年記念アルバムのジャケット写真撮影時の裏話を語る場面があった。

西川は今年5月にデビュー20周年を記念したベストアルバム「2020 -T.M.Revolution ALL TIME BEST-」を発売。ジャケット写真には風で飛んできた新聞紙やブラジャー、ケーキなど、さまざまなものが西川の顔に貼りついていたことでも話題になったが、これらはCGを使わずに実際に顔に貼り付けて撮影を行ったという。

「いろいろこうデザインを考えていく中で、『風を感じる』みたいなのがあって、じゃあいろんなものが飛んで来たらどうかなって」と、ジャケット写真のテーマについて話した西川。MCの松本人志から「風好きやもんね、西川くん」と振られると、「そうですね、何かといろいろ付き物ではございますので」とさすがのトーク技術で応えてみせる。

西川は撮影風景を、「新聞やコンビニ袋から、徐々に激しいものに変わっていき、最終的にはケーキを顔に貼り付けた」と話す。ここで実際にジャケット写真を見た浜田雅功は、西川の顔がわからない仕上がりに「お前関係ないやん!」とツッコミを入れる。西川もそれに同調し「俺やのうてもええんですよ。誰か他のやつで良かったんですよ!」とキレ気味で答えると笑い声が上がった。

さらに西川は撮影時の雰囲気について「1枚目、2枚目とかは『さすがやっぱ本人が着ると違いますね』って言われてたんですよ。最後の方はもう普通に『はよしてください』みたいな」と言われてしまったといい、「えー! 嘘でしょ!(と思った)」と、当時の心境を吐露していた。

最終更新:9/9(金) 17:40

E-TALENTBANK