ここから本文です

赤西仁と山田孝之が新ユニット、新曲MVでこだわった“アート”な空間

MusicVoice 9月9日(金)19時21分配信

 赤西仁と山田孝之が結成した新ユニット「JINTAKA」が9月21日に、シングル「Choo Choo SHITAIN」をリリースする。それに先駆けて、表題曲「Choo Choo SHITAIN」のミュージックビデオ(MV)がこのほど、公開された。

 表題曲「Choo Choo SHITAIN」は、赤西と山田が共同で作詞・作曲した、セルフプロデュース楽曲。タイト且つアタック感を強めにしたアップリフティングなパーティチューンで、2人が発する擬音語が無機質に繰り返される。

 中盤からは、さらにパーカッシブなリズムで攻めつつ、じわじわとテンションを上げていく。全編にわたり、この2人にしか生み出せない不思議な引力が発せられている。

 MVも、企画段階から赤西、山田がアイディアを出し合い、ミーティングを重ね、コンセプトを固めていった。2人がこだわったのは“アート”な空間。“Choo Chooしたい唇”を探して街に繰り出し、辿り着いた先はフェティシズムのギャラリー。受付でもらったリップスティックで異空間のギャラリーへトリップ―、という内容。

 また、レコーディングから打ち合わせまでの姿や、MVとジャケット撮影など、JINTAKAのデビューまでを追いかけたドキュメンタリー映像も撮影。この映像は、9月21日に発売されるシングル「Choo Choo SHITAIN」(初回盤/通常盤)に収録される。

最終更新:9月9日(金)19時21分

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。