ここから本文です

佐賀県内の商品や観光地 アニメキャラでPR 神羅カンパニー提案

佐賀新聞 9/9(金) 20:30配信

 ウェブデザインの「神羅カンパニー」(武雄市、松尾佳鷹社長)が、佐賀の名産品のパッケージにアニメキャラクターを入れることを提案している。「日本のアニメ文化に関心のある外国人観光客の誘客にもつながる」とアピールしている。

 これまでに同社の提案を採用した県内企業の商品は、しょうゆやギョーザ、菓子など。松尾社長は「アニメキャラクターが製品の味や特徴を表す広告塔になる」と力を込める。

 アニメキャラクターを主人公にした漫画をホームページで連載し、キャラクター人気で売り上げが上がった例もあるといい、「観光地のPRにも活用できる」と話している。

 この事業は、県内中小企業の製品などを試験的に導入して有用性を評価する県の「トライアル発注」に選ばれている。問い合わせは同社、電話0952(36)5775。

最終更新:9/9(金) 20:30

佐賀新聞

なぜ今? 首相主導の働き方改革