ここから本文です

中国鋼材輸出、7カ月ぶり減900万トン

日刊産業新聞 9月9日(金)12時25分配信

 中国の8月の鋼材輸出量は901万トンと前年同月比7・4%減り、7カ月ぶりに減少した。前月比12・5%減少。7月から粗鋼生産が減少傾向を示し、国内の鋼材市況が上昇したことで抑制がかかったとみられる。中央政府による能力削減策や環境規制によって下半期に生産が減る予測が出始めているが、大手企業は海外市場の開拓意欲を強め、中小企業は利益確保が可能な鋼材市況から高生産を保つ可能性があり、年率1億トンの高水準の輸出が続く公算が大きい。

最終更新:9月9日(金)12時25分

日刊産業新聞