ここから本文です

ルーニー、イブラの引き締まった体を見習え 34歳に見えないイブラに対して“ずんぐり“のルーニーに批判

theWORLD(ザ・ワールド) 9月9日(金)16時20分配信

イブラはまだキレキレ

30歳のウェイン・ルーニーと、34歳のズラタン・イブラヒモビッチでは、どちらが引退の迫った選手に見えるだろうか。イブラヒモビッチは34歳という年齢からプレミアリーグで戦うのは厳しいのではとの意見もあったが、ここまでそんな不安を全く感じさせない最高のパフォーマンスを見せている。

一方のルーニーは以前から体が重いと指摘されており、もはや前線でプレイするのが難しいほどペースが落ちてしまっている。動きだけを見ればイブラヒモビッチの方が若い選手に見えるかもしれない。

英『METRO』によると、元リヴァプールのディートマー・ハマン氏もルーニーの太り気味な体を気にしている。同氏はイブラヒモビッチの体は34歳には見えないと語り、ルーニーとは違うことをアピールしている。

「ルーニーとズラタンの体格を比較してみなよ。イブラヒモビッチはまだ筋肉があり、見た感じでは34歳になど見えないよ。FWが彼の年齢になればピークは過ぎたと言われるが、それはズラタンには当てはまらない。彼もスピードは失ったかもしれないが、それは1つの要素でしかないよ」

また、元イングランド代表のポール・インス氏もこのままいけばルーニーが太りすぎた状態でキャリアを終えることになると感じており、ずんぐりとしたルーニーの体格を気にかけている。

近年のルーニーは若かりし頃のスピード、キレが失われたと言われており、プレイできるエリアはかなり限られてきている。何と言ってもルーニーはまだ30歳で、あと2年程度は頑張ってトップフォームを維持してほしいところ。

2018ロシアワールドカップで代表を引退することも明かしているが、太ったルーニーをロシアへ連れて行くのは難しいかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9月9日(金)16時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。