ここから本文です

マキシマム ザ ホルモン・ナヲ喜び全開、第2子出産「明日にでもまた産みたい」

MusicVoice 9月9日(金)19時55分配信

 マキシマム ザ ホルモンのナヲが9日、第2子となる女児を出産。グループの公式ツイッターで明かした。更に、公式サイトに長文のメッセージを寄せた。ナヲは「一度の流産を経験し年齢も40歳を越え、高齢出産という中で『母子ともに健康です』この言葉の重みを本当に感じています」などと出産の喜びを殊勝な文面で綴りつつ「もう幸せすぎて全身が痺れる!! 涙 明日にでもまた産みたい!!!!笑」などと、ナヲらしい愛情のこめ方で第2子出産を喜んでいる。

 2008年にベーシストの男性と結婚したナヲ。2010年5月に第1子女児を出産したが、15年には流産を経験。その際にはブログで、「残念ながら赤ちゃんはお空に帰ってしまいました。。」などと悲しみに打ちひしがれる様子をコメント。そして、今年5月に第2子を妊娠したことを報告していた。

 グループのツイッターで出産したことを明かしていたナヲは、公式サイトで、「本日2016年09月09日午前11:44、第二子となる元気な女の子が無事に産まれました!」と改めて報告し、今回の出産で感じた自身の思いを綴った。

 ナヲは「2015年6月からライブ活動を休止し妊活に入らせて頂き、メンバー、スタッフ、そして腹ペコの皆様に多大なるご迷惑ご心配をおかけし、またそれを上回るたくさんのご声援を頂きながら頑張って参りました」と関係者への感謝をコメント。

 そして、「一度の流産を経験し年齢も40歳を越え、高齢出産という中で『母子ともに健康です』 この言葉の重みを本当に感じています」と殊勝な面持ちで言葉を続けた。

 更に、「今回は前回自然分娩を経験してるので、無痛分娩にチャレンジしてみましたが、本当にこのまま産まれるの?!ってくらい余裕の大安産! 3いきみでスポーン!(うち1回は先生来る前のリハ的なやーつw)でした。笑」と出産の模様を元気良く報告。

 また、「前回に比べるとあまりに楽チンだったので、少し子供に申し訳ないくらいですが、体力面でも全然楽チン! 無痛分娩、これはオススメです!!(とか言って、背中に硬膜外麻酔する時ビビりすぎてガチで泣きかけた40歳)」と本音も明かした。

 ナヲは「6年ぶり、最後の出産はお陰様で楽しく終わりました」とコメントを続けたが、ここから徐々に文面のトーンが変わっていく。

 「え。。。ちょっと待って。最後?! え、やだ!! 終わりたくない!!! この可愛い、ふにゃふにゃのん、なんなん?! この泣き声なんなん?! やだー!!! たまらん!!!! まだほんの少ししか出ないおっぱいを吸いまくって、外すと空をパクパク探してるこの感じ!」と赤ん坊を目の前にした心境を率直に綴り、「かわいい! かわいい! かわいい! かわいい! かわいい! かわいい! かわいい! かわいいーーーーーー!!!!!」と興奮気味に言葉を続けた。

 更に、「もう幸せすぎて全身が痺れる!! 涙 明日にでもまた産みたい!!!! 笑ってくらいですが、流石にもうライブ休めないし、年齢もあるので悲しいかな打ち止めとします。。涙」と最後の出産にしたい気持ちを明かした。

 そして、「さて。という訳で! 産んだ後は待望のホルモン復活! ですが…年齢もあるので、申し訳ないですがもう少しだけ休ませてください。。。(6年前は産後2週間で叩き始めて3ヶ月でライブ復活したけど、初老の今の身体にそれは流石に無理ぽ。。涙)」と、すぐの復帰は見送るようだ。

 その上で、「少しずつ少しずつ体力つけて必ずや復活しますので、しばしお待ちを。。。妊活中そして今回の出産に至るまで、温かい目で見守って頂き、そしてたくさんのご声援を頂き、本当に本当に感謝で震えております。ありがとうございました!!! またライブハウスで会いましょう!!!!!」と改めてファンに感謝のメッセージを送った。

 追伸として、「長女の時は完全なる『ガッツ石松』でしたが、次女は『ゲッツ石松』くらいです。しかし、ガッツ石松だった長女もなかなか可愛い子ちゃんに成長したので、次女も楽しみ! ゲッツ!!!! 笑」と、ナヲらしい愛情のこめ方でメッセージを締めくくっている。

 公式サイトでの報告に先立つ形で、ナヲはグループのツイッターで出産を報告。「11:44、3060gの女の子を無事出産しました! 今の所母子ともに健康です!」と明かしたが、分娩室に入るまでを実況中継でファンに伝えていた。

 それを振り返ると、「母は無痛だけど赤ちゃんは凄く辛いはず…頑張って! 涙 待ってるよ!」「ううう…だんだん辛くなってきた。。。麻酔追加しようと思うけど、赤ちゃんも頑張ってるし…と思ったけど ううう。。。。」「…追加します。ビッグウェーブきてる。。。」とお腹の痛みに耐えながらつぶやきを更新し、「分娩室いきます」とのメッセージ後、無事の出産を報告している。

最終更新:9月10日(土)9時33分

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。