ここから本文です

福島県関係3人出場、吉田と半谷が登場 リオ・パラリンピック開幕

福島民友新聞 9月9日(金)11時39分配信

 南米初開催の第15回夏季パラリンピックのリオデジャネイロ大会は7日、リオデジャネイロ市中心部のマラカナン競技場で開会式を行い、開幕した。8日には競技が本格的に始まり陸上、柔道などに日本勢が登場。県勢は、車いす卓球男子1次リーグ第1試合で吉田信一(50)=情報通信研究機構、須賀川市出身=が中国の選手に敗れた。柔道(視覚障害)女子48キロ級の半谷静香(28)=エイベックス、東日大昌平高卒=は1回戦で中国の選手に一本負けし、敗者復活戦に回った。
 9日未明(日本時間)に1次リーグ初戦でトルコと対戦する車いすバスケットボール男子には、豊島英(あきら)(27)=WOWOW、いわき市出身=が代表に選ばれている。このほか本県から射撃競技監督に阿達貴瀬さん(43)=福島市、ふなき整形外科クリニック=とウィルチェアラグビーの通訳・ケアスタッフの二階堂のり子さん(44)=鏡石町、宝泉院=が同行している。

福島民友新聞

最終更新:9月9日(金)11時39分

福島民友新聞