ここから本文です

乃木坂46・秋元真夏、メンバーからイビキの大きさにクレーム入る 共演者からもツッコミ「ウシガエル」「おっさん」

E-TALENTBANK 9月9日(金)21時20分配信

8日放送の日本テレビ系「ダウンタウンDX」にアイドルグループ・乃木坂46の秋元真夏の意外な趣味の存在と、メンバーからのクレームが明らかになった。

秋元は1期生として乃木坂46に加入し、4thシングルの「制服のマネキン」では選抜入りを果たした人気メンバーだが、コスプレ好きを告白し、メイド服やナース服など様々な衣装に身を包んだ姿がVTRで紹介された。

「アニメ系のコスプレって言うよりも、職業コスプレが好きで。例えばキャビンアテンダントさんだったり、警察官だったり、メイドさんとか」と説明する秋元だったが「元々も可愛いんですけど、コスプレをすることによって……」とさりげないカワイイアピールに、MCの浜田雅功は手にしていたパネルで無言のまま秋元を引っぱたく。これにはグループのいじられキャラとして知られる秋元も思わず笑顔を浮かべていた。

さらに同グループの若月佑美から「秋元のイビキがひどくてメンバー全員困っている」とクレームが入る。秋元と共演経験のあるイジリー岡田も、そのすごさを「彼女は15分くらいで爆睡して、すごいイビキをかいてたんですよ」と話すと、VTRで大きなイビキをかきながら爆睡する秋元を観た出演者たちは「ウシガエル」「生おっさん」と音の大きさに驚きの声をあげていた。

番組を観ていた視聴者からはTwitterで「『リアルイビキ』正直震えた!まなったんには悪いけど引いたww」「おっさんに例えられる秋元真夏さんのイビキw 」「もうまなったん最高やわ」と、秋元の意外な素顔に様々な反響が寄せられていた。

最終更新:9月9日(金)21時20分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。