ここから本文です

男性巡査長を書類送致 酒気帯び運転容疑、福島県警

福島民友新聞 9月9日(金)19時43分配信

 福島県警交通指導課は9日、酒気帯び運転の疑いで二本松署の男性巡査長(26)を福島区検に書類送致し、同日付で停職6月の懲戒処分にしたと発表した。男性巡査長は同日付で辞職した。

 送検容疑は、二本松市で7月26日午前6時40分ごろ、乗用車を酒気帯び運転した疑い。巡査長は磐越道会津若松―東北道二本松インターチェンジの間も乗用車を運転したという。

 県警は酒を飲んだ直後に高速道を走行するなどした行為を悪質と判断し、停職処分とした。

福島民友新聞

最終更新:9月9日(金)19時43分

福島民友新聞