ここから本文です

代表引退撤回したメッシにいきなり批判の声 バルサで試合出るならベネズエラ戦に出ろ

theWORLD(ザ・ワールド) 9/9(金) 23:10配信

ベネズエラ戦欠場に怒りの声

2018ロシアワールドカップへ目指すべく代表引退を撤回して戻ってきたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、1日のウルグアイ代表戦でさっそく決勝点を挙げてチームに勝ち点3をもたらした。しかし、以前から恥骨部分に違和感を覚えていたメッシは大事を取って6日のベネズエラ戦を欠場。治療に専念する道を選んだ。

この判断にアルゼンチン国内では批判が起きているという。メッシは治療に専念するために代表を離脱したものの、10日におこなわれるリーガ・エスパニョーラ第3節のアラベス戦に出場する可能性があると言われている。『FOX Sports』などによると、これにアルゼンチンでは批判の声が出ている。

テレビ番組では、アラベス戦に出場できるくらいならベネズエラ戦に出場できたのではないかとの意見が挙がっており、ベネズエラ戦に出なかったのは恥とまで言われてしまっている。

アルゼンチン代表はメッシを欠いたベネズエラ戦を2-2の引き分けで終えており、南米予選の首位から陥落している。メッシがいれば状況は変わっていたのではないかと考えた者も多いだろう。そのメッシがアラベス戦で元気な姿を見せることは許されていないようだが、メッシも代表復帰を果たした早々に嫌な意見を聞かされている。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9/9(金) 23:10

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]