ここから本文です

組み体操中止相次ぐ 厚木市内の小学校

カナロコ by 神奈川新聞 9月9日(金)19時52分配信

 秋の運動会シーズンを迎え、厚木市内では市立小学校14校が17日から10月1日までの週末に開催を予定している。今季は各地で事故が多発している組み体操について、1校を除き実施を取りやめる。

 市教育委員会によると、5~6月に開催した中学校では全13校のうち1校が組み体操を一部見直して実施。小学校では9校全てが取りやめた。

 今季は、1校がダンスと組み合わせて3段のピラミッドを入れる程度で、「運動会の花形」として定着した組み体操は姿を消すことになる。昨年度は、ほぼ全ての学校で6年生が行い、タワーでは5段、ピラミッドは8段と規模の大きい演技も見られた。

 安全対策の徹底を求めた3月のスポーツ庁の通知を受け、市では、組み体操に関して4月の校長会で「児童生徒の安全最優先」を再確認した上で、各校長が実施を判断する方針を継続した。ただ、実施する際には計画書を市教委に提出することを求めた。

 ある校長は「安全面に配慮して組み体操を子どもたちが好きなダンスに変えた。地域の方からさみしいとの指摘もあったが、教員からぜひ続けたいという意見もなかったので夏休み前に判断した」と話している。

最終更新:9月9日(金)19時52分

カナロコ by 神奈川新聞