ここから本文です

ブッフェ式のバー、大阪の高級飲食街で明朗会計

Lmaga.jp 9月9日(金)15時0分配信

「ANAクラウンプラザホテル大阪」(大阪市北区)の宿泊者専用のクラブラウンジが、夜8時からバーラウンジ「Club24」として9月1日から開放されることに。ドリンクとフードを2時間5,000円で好きなだけという、ホテルとして、また北新地として画期的な企画だ。

ブッフェテーブルにはチーズ、オリーブ、ナッツなどのつまみ

大阪の高級飲食街・北新地で、食事や飲み会が終わった後にもう一軒は行きたい。そんなときに、使えるのが、バーでは珍しいブッフェスタイルという今回のプランだ。割り勘の金額を心配することない明朗会計、しかも、ホテルとあってラグジュアリーな空間で夜景を楽しめるという魅力も付いてくる。

会場となるのは、今年の6月にリニューアルオープンした500㎡もの西日本最大級のクラブラウンジ。普段はクラブフロアの宿泊客しか立ち入ることができない、重厚なインテリアが配されたスペースだ。そんな洗練された空間に見合うよう、並ぶつまみも最高級。チーズひとつとっても、スイスの「テット・デ・モワンヌ」、フランスの「リヴァロ」など由緒ある品種ばかりが5種も。ほかにもナッツ、チョコレート、パテなど、お酒にぴったりなアテがズラリと揃う。

アルコールもビール、ワイン、リキュール、ウィスキーなど約21種類あり、氷やソフトドリンクで好みにアレンジ可。すべてセルフサービスとなるが、そのおかげでこのクオリティが実現したそう。まだ始まったばかりで、今のところは、常連客や偶然看板を見つけたグループの利用のみ。知っていると便利なスペースとなりそうなだけに、注目しておきたい。

最終更新:9月9日(金)16時11分

Lmaga.jp