ここから本文です

R18青春ロックポルノムービー『変態だ』亀本寛貴(GLIM SPANKY)× みうらじゅんコラボ楽曲「Kill Bear」がEDテーマに

Billboard Japan 9/9(金) 18:15配信

 企画・みうらじゅん、監督・安齋肇のコラボレーションで製作され、2016年12月10日に劇場公開される青春映画『変態だ』。このエンディングテーマとして、ロックユニット・GLIM SPANKYの亀本寛貴(g)が自身初の書下ろし楽曲を提供した。

 骨の髄まで響くへヴィメタルなナンバーとなったエンディングテーマ「Kill Bear」。原作者のみうらじゅんは作詞を手がけ、さらには主演の前野健太とボーカルも担当する。なお、みうらじゅんと安齋肇率いる“勝手に観光協会Z”は先日、GLIM SPANKYも出演した福岡のサンセットライブで同曲を初披露。会場を興奮で包み込んだ。

 また、GLIM SPANKYの松尾レミ(vo)も本作でぬいぐるみのデザインを担当。その多才ぶりを見せつけている。



◎「Kill Bear」
歌:みうらじゅん 前野健太
作詞:みうらじゅん
作曲:亀本寛貴(GLIM SPANKY)

◎映画『変態だ』
2016年12月10日(土)新宿ピカデリーほか全国順次ロードショー
出演:前野健太、月船さらら、白石茉莉奈 ほか
監督:安齋 肇
企画・原作:みうらじゅん(原作『変態だ』小説新潮掲載)
脚本:みうらじゅん、松久 淳
制作:ドラゴンフライエンタテインメント
配給:松竹ブロードキャスティング アーク・フィルムズ
2015/日本/75分
(C)松竹ブロードキャスティング

最終更新:9/9(金) 18:15

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]