ここから本文です

FIA-F4参戦中の根本悠生がイタリアGTのGTカップにランボルギーニ・ウラカンで参戦へ

オートスポーツweb 9月9日(金)10時51分配信

 今季日本のFIA-F4にKCMGから参戦し、ランキング10位につける根本悠生が9月9~11日にイタリアのバレルンガで開催されるイタリアン・グランツーリスモ・チャンピオンシップのスーパーGTカップ第9/10戦にニコラス・コスタと組み参戦することになった。

 イタリアン・グランツーリスモ・チャンピオンシップはイタリア国内ではテレビ中継もある人気のレースで、GT3カーで争われるイタリアGT、カップカー等で争われるスーパーGTカップがある。日本人ドライバーとしては笠井崇志がアントネッリ・モータースポーツからスーパーGTカップに参戦しており、優勝争いを展開している。

 そんなスーパーGTカップのトップチームのひとつが、元F1ドライバーのヴィンツェンツォ・ソスピリ率いるヴィンツェンツォ・ソスピリ・レーシング(VSR)だが、タイトルを争うコスタがチャンピオンを獲得するため、速く強力なペアドライバーを募りイタリアのアドリアでオーディションを実施した。

 そのオーディションに参加した根本は、自身初めてのGTカーとなるランボルギーニ・ウラカンを走らせたが、好タイムを連発。見事オーディションに合格し、イタリアGTに参戦することになった。コスタはFIA-F4にも参戦した実績があり、日本のFIA-F4出身ドライバーがコンビを組むことになる。

「昨年、日本のFIA-F4を視察に行き、コスタと同等以上の走りを見せていたユウキに興味をもったこともあり、我々のチームでイタリアF4を使って彼をテストしてみたんだ。その時にも印象的な速さをみせてくれたので、彼のことは自分のドライバーリストの中に記録してあった」というのはチーム代表のソスピリ。

「今回のウラカンでの初テストでも気負った表情はなく、リラックスしてチームと溶け込み、会話も問題なかったのが好印象だったね。タイムも問題なく、コスタと同等の速さとコンシスタントなラップを重ねており、イタリアGTで戦うだけのポテンシャルは備えていると判断した。我々は来年の活動を見据えて、ユウキの今回の挑戦を、チームとして一丸となって、大切に戦っていきたいと思う」

 また、初めてのGTカーレースを海外で戦うことになった根本は「今回ZAPSPEEDさん、KCMGさんのご協力とご理解のもと、イタリアでのVSRオーディションに参加させて頂けることになりました。日本のレースではVSRとはチームは違うのですが、同じZAPSPEEDの仲間として戦っており、昨年、イタリアのトレーニングにご一緒させて頂く機会があったことが、今回のオーディション参加につながりました。チャンスはどこに潜んでいるのか、本当に分からないものだと改めて実感しています」と語る。

「初めて乗ったランボルギーニ・ウラカンはスーパートロフェオ車両がベースとなっており、パワフルでとても楽しいマシンでしたが、やはり車重も大きいですし、高額なので(笑)。何かあったらどうしようと心配しながら、慎重にテストを進めました」

「まる1日、たっぷりと走れるヨーロッパの環境のなかマシンに慣れ、無線に慣れてタイムアタックが許されました。この1周で自分のレース人生が変わるという覚悟で、ミスなく限界までアタックし、マシンを降りたらソスピリから合格の握手を求められました。本当に嬉しかったです」

「自分の夢は海外で活躍するプロドライバーであり、今回のイタリアGT参戦は、まさにその夢に向かった第一歩だと思います。FCJからFIA-F4へとステップアップし、来年の進路に悩んでいた僕にとって、今回の千載一遇のチャンスをいただいたことは本当に嬉しく、ZAPSPEEDの皆さん、そしてKCMGの皆さんの応援がなかったら、VSRさんとの縁もあり得なかったと感謝しております。このチャンスをものにし、ニコラス・コスタ選手のタイトル獲得への手助けができるよう、この週末は精一杯頑張ります」

[オートスポーツweb ]

最終更新:9月9日(金)10時51分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]