ここから本文です

Fインディアは新オーナーとバーニー残留を歓迎「F1に成長をもたらしてほしい」

オートスポーツweb 9/9(金) 12:43配信

 フォース・インディアのチーム副代表であるボブ・ファーンリーは、CVCに対する批判をしつつ、F1の新たなオーナーとなったリバティ・メディアが成長をもたらすことを望んでいる。

F1新オーナーの下、チームもF1株式購入が可能に

 アメリカのメディア、コミュニケーション、エンターテイメントを束ねる大企業リバティは、9月7日にF1の主要株主となるための手続きの初期段階を完了。2017年の第一四半期には80億ドル(約8164億円)の契約を結ぶことになる。

 ファーンリーは元主要株主のCVCキャピタル・パートナーを声高に批判しており、リバティ・メディアのF1への投資と、成長のための手助けに期待している。

「これまで私はCVCに対して少し批判的だった。新たなパートナーができたのは良いことだと思う。CVCは金を引き出すことにしか関心のない企業だった。彼らはヘッジファンドとしての仕事はしていて、株主に利益を還元していた。しかし彼らは別のポジションについた。新しい相手が、F1に成長をもたらす企業であることを望んでいる」

「メディアグループが参入する場合には、競技を成長させる上での利害関係が発生する。それは、どちらにとっても利益になる。彼らがアメリカでのフランチャイズ・モデルの豊富な経験を持ち込めば、良い結果が得られるだろう」

 ファーンリーは、リバティがF1にとって適切なパートナーであると考えている。

「F1にはバーニー(エクレストン)やロン・デニス、フランク・ウイリアムズ、ケン・ティレルなどの関係者が過去に作り出した、ユニークな財産がある。その上に、リバティ・メディアの持つスポーツ・マーケティングに関する専門知識を積み上げることができれば、面白いことになる。いまはどうまとめあげるかが問題だが、我々としては、面白い時代になったというのが重要な部分だ」

 リバティ・メディアはチームにもF1の株式保有の機会を与えると発表。すでに数チームが興味を示している。

「肝心なのは詳細だ。おかしなことに、2年以上前に、我々はCVCに対して似たような提案をしたことがある。事態がその方向へと進展しているのが見られて、うれしく思っている。もちろん、どのような形に落ち着き、どのように作用するかにもよる。フランチャイズ・モデルのようになって、チームが安定を得られ、オーナーが交代できるような形が理想的だ」

 F1と40年以上にわたって関わりを持つエクレストンが、CEOの職に残ることにも、ファーンリーは満足していると言う。

「物事を進めつつ、ユニークさを維持するためにはバーニーが必要だ。それは最も重要なことで、バーニーがポジションを失うようなことになったら、それは大きな間違いだ。彼はF1の一部であるべきだ。もちろん移り変わりは必要だが、反対意見の有無にかかわらず、これを乗り切るためにはバーニーにガイド役になってもらわなねばならない」

[オートスポーツweb ]

最終更新:9/9(金) 12:43

オートスポーツweb