ここから本文です

MotoGP:ロッシ「マルケスとのバトルはセパンのときとは違う」

オートスポーツweb 9/9(金) 13:18配信

 モビスター・ヤマハのバレンティーノ・ロッシは、イギリスGPでマルク・マルケスと演じたバトルは昨年のマレーシアGPでの戦いとは違うと考えている。

 ロッシは2015年のマレーシアGPで起こったマルケスとの接触により、最終戦のバレンシアGPで最後尾スタートのペナルティを受けた。このできごとがきっかけで、ロッシとマルケスの関係は悪化。しかし、今年の6月に行われたカタルニアGPでのルイス・サロムの事故をきっかけに、ふたりはパルクフォルメで握手を交わし、和解したと考えられている。

 イギリスGPでは、ロッシとマルケスが昨年のマレーシアGPと似たバトルを展開。マルケスは、マゴッツをカットした後に同じポジションでコースに復帰したが、このことにたいし、ロッシは不満はないと語っている。

「コースからはみ出したということは、ミスをしたということだ。最終的にそのミスで何も失わないのはフェアじゃない」とロッシ。

「でもこのようなルールでは、ターマック上にコースアウトした場合にはアドバンテージを得られないことになっているので、レースを続行することができる。全てのライダーにとって同じことだ」

「マルケスはいつも非常にアグレッシブだ。でもセパンでの戦いに比べたら、今回の戦いはだいぶ違っている。お互いに、前に行こう、速く行こうという目標を持っていたからだ。だから、とても楽しんだよ」

「こういうレース、こういうバトルの後にポディウムに上り詰めるのはとてもおもしろいよ。(カル・)クラッチロウ、マルケス、そして特に(アンドレア・)イアンノーネとの素晴らしいレース、素晴らしい戦いだった。唯一残念だったのはマーベリック(・ビニャーレス)が僕らを待ってくれなかったことだね」


[オートスポーツweb ]

最終更新:9/9(金) 13:53

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]