ここから本文です

MotoGP第13戦サンマリノGP初日:ポル・エスパルガロがGPクラス初の初日トップ

オートスポーツweb 9月9日(金)23時38分配信

 MotoGP第13戦サンマリノGP、MotoGPクラスはイタリアのミサノ・ワールド・サーキット‐マルコ・シモンチェリで1日目の2回のフリー走行を行い、ポル・エスパルガロ(ヤマハ・テック3)が1分32秒769で初日総合トップに立った。

 MotoGPクラスのフリー走行1日目は午前中の1回目、午後の2回目共にドライコンディションで行なわれた。1回目で2番手につけていたポル・エスパルガロは2回目のセッションの残り4分でトップに浮上、そのままセッションをトップで終え、初日総合でもトップとなった。

 総合2番手に1分32秒834でダニ・ペドロサ(レプソル・ホンダ)。ペドロサは1回目は6番手だったが、2回目はセッション終了間際の残り1分で2番手に浮上した。総合3番手に1分32秒901でアンドレア・ドビジオーゾ(ドゥカティ)続き、ホルヘ・ロレンソ(モビスター・ヤマハ
)は1回目5番手、2回目4番手、2回目に記録した1分33秒056で総合4番手に。 総合5番手に1分33秒196でマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)。マルケスは1回目のセッション中盤に10コーナーで転倒喫し4番手に。2回目も上位につけ、終盤に自己ベストを更新したものの5番手となった。1回目トップのバレンティーノ・ロッシ(モビスター・ヤマハ)は2回目も終盤に自己ベストを更新したものの、1分33秒387で総合6番手に。

 総合7番手に1分33秒500でカル・クロッチロウ(LCRホンダ)が続いたが、クロッチロウは2回目のセッション中盤に14コーナーで転倒を喫してしまったが、すぐに再スタート。終盤に自己ベストを更新した。総合8番手に1分33秒552でスコット・レディング(プラマック)、総合9番手に1分33秒581でエクトル・バルベラ(アビンティアレーシング)が続き、前戦のウイナー、マーベリック・ビニャーレス(スズキ)は1回目は3番手につけていたが、2回目は10番手、1分33秒629で総合10番手で初日を終えた。

 チームメイトのアレイシ・エスパルガロ(スズキ)が1分33秒643で総合11番手に続き、1回目に転倒を喫したダニロ・ペトルッチ(プラマック)は2回目に1分33秒803を記録して総合12番手に。アルバロ・バウティスタ(アプリリア)が1分33秒846で総合13番手、ワイルドカード参戦のミケーレ・ピロ(ドゥカティ)が1分33秒885で総合14番手、ステファン・ブラドル(アプリリア)は2回目に自己ベストを更新できず、1回目の1分34秒126で総合15番手となった。

 総合16番手に1分34秒143でジャック・ミラー(マークVDS)、前戦に続いてブラドリー・スミス(ヤマハ・テック3)の代役として参戦するアレックス・ロウズ(ヤマハ・テック3)は1分34秒154で総合17番手、総合18番手に1分34秒457でユージン・ラバティ(アスパー・チーム)が続き、アンドレア・イアンノーネ(ドゥカティ)は1分34秒699で総合19番手となったが、1回目のセッション中に転倒し、2回目のセッションを欠場。背中を痛みを訴えたため、病院に運ばれ検査した結果、椎骨を負傷していることから、今レースを欠場することになった。

 以下、総合20番手に1分34秒719でヨニー・エルナンデス(アスパー・チーム)、総合21番手に1分34秒725でティト・ラバット(マークVDS)、総合22番手に1分36秒046で負傷欠場中のロリス・バズ(アビンティアレーシング)の代役として参戦するチャビ・フォレズ(アビンティアレーシング)の順となった。

[オートスポーツweb ]

最終更新:9月9日(金)23時50分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]