ここから本文です

黒部ゆかりの映画PR 黒部でパネル展、カノンなど4作品

北日本新聞 9月9日(金)12時48分配信

 映画パネル展「黒部産ロケーションギャラリー」が9日、JR黒部宇奈月温泉駅横の黒部市ふれあいプラザで始まった。黒部が主な舞台となった「カノン」をはじめ、同市で撮影された4作品の撮影風景の写真やポスターなどを展示している。10月31日まで。

 パネル展は、カノンが10月1日から全国公開されるのに合わせて、市ゆかりの映画をPRして、地域の活性化につなげようと、有志でつくる「黒部の映画盛り上げ隊」(上島隆嗣会長)が企画した。

 長さ約22メートルにわたって「黒部の太陽」「釣りバカ日誌13 ハマちゃん危機一髪!」「RAILWAYS(レイルウェイズ) 愛を伝えられない大人たちへ」「カノン」のパネルを展示。ロケ地を掲載した大きな地図もあり、訪れた人が興味深そうに見ていた。北日本新聞社後援。

北日本新聞社

最終更新:9月9日(金)13時1分

北日本新聞