ここから本文です

外国人観光客の秋の旅行先 沖縄が伸び率2位 楽天トラベル

沖縄タイムス 9月9日(金)5時0分配信

 楽天(東京都、三木谷浩史社長)は8日、外国人観光客(インバウンド)の2016年秋の動向を発表した。沖縄県は、行き先別の昨年同期比伸び率ランキングで2位、行き先別の予約人泊数ランキングで4位だった。宮古島、伊良部島エリアの伸びが目立ったという。

 伸び率ランキングでは、1位が福岡県(3・19倍)、2位が沖縄県(2・02倍)。3位は高山・飛騨エリアが好調だった岐阜県(1・99倍)、4位が和歌山県(1・76倍)。5位は原爆ドームと厳島神社が12月に世界遺産登録20周年を迎える広島県(1・72倍)だった。

 予約人泊数ランキングは、1位が東京都、2位が大阪府、3位が北海道、4位が沖縄県、5位が京都府。

 ランキングでは、9月15日~10月9日、外国語サイト経由で入った「楽天トラベル」の旅行予約を集計した。

最終更新:9月11日(日)11時30分

沖縄タイムス