ここから本文です

野犬の群れに母子囲まれる 沖縄で被害相次ぐ

沖縄タイムス 9/9(金) 7:55配信

 今年に入り、沖縄県国頭(くにがみ)村楚洲や安田、辺土名で野犬が群れで徘徊(はいかい)し、人を取り囲んだり追い掛けたりするなどの被害が出ている。咬傷(こうしょう)被害は確認されていないが、NPO法人どうぶつたちの病院沖縄の長嶺隆理事長は「犬は群れをなすと凶暴化し人を襲う可能性もある」と早急な対策の必要性を指摘している。

この記事の他の写真・図を見る

 楚洲集落では母親と幼児が散歩中に5匹の野犬に囲まれ、父親が車内に避難させた。

 辺土名地域では国頭村村森林散策路(クロスカントリーコース)を会社仲間とジョギングしていた仲間樹さん(23)が犬に追われ転倒し、左肘に擦り傷を負った。200メートルほど離れていた野犬4匹に一気に追い付かれ、会社仲間が棒で振り払い難を逃れた仲間さんは「毎年来ていた場所だが、怖くなった」と残念がる。

 同病院によると野犬は3年ほど前から急増し、20匹近い群れで徘徊する様子が目撃されている。野犬の群れの目撃が多い楚洲では、ペットがかみ殺されたり、けがをするケースも出ており、背景に犬の不法投棄が増えたことがあるとみる。

 天然記念物のヤンバルクイナやケナガネズミなどの希少動物が野犬に捕食される被害も出ている。同病院によると、ヤンバルクイナの生息密度が高かった楚洲の県道70号の一部区間で今年、クイナの確認はゼロ。発見されたクイナの死骸の多くから犬のDNAを検出している。

 楚洲に住む男性(62)は、養豚業者による豚の死骸の不法投棄とも関係していると指摘。野犬が豚の死骸をくわえて歩いているのも目撃し「繁殖するのは餌場があるから。まずは餌場を断たなければ」と強調する。

 県動物愛護管理センターは8月から楚洲地域で野犬対策を始めた。(1)餌付けによる捕獲(2)飼い主への啓発活動(3)餌場の調査と根絶-を挙げ、国頭村と連携して進める考え。飼い犬の投棄は動物愛護法違反(遺棄)に当たり、100万円以下の罰金が科せられる。

最終更新:9/12(月) 14:45

沖縄タイムス