ここから本文です

那覇の観光名所・公設市場がなくなる!? 現在地で建て替え、19年度着工

沖縄タイムス 9/9(金) 14:30配信

 那覇市は老朽化に伴う市第一牧志公設市場の再整備について、現在地に市場を建て替える方針を明らかにした。市内で7日、市民や市場関係者を対象にした説明会を開き、工事期間中に事業者が一時的に使用する仮店舗の整備方針を説明した。2019年度に建て替え工事に着手する。

 同市場の再整備を巡って市は昨年、建て替え候補地案として「にぎわい広場」への移転案を市議会で報告したが、市場事業者側が反発。再検討に向けた作業を進めていた。

 市は本年度中に、同市場の現在地への立て替え工事に関する基本計画を策定。19年度の着工までに、「にぎわい広場」に仮設店舗を設置し、完成までの間、市場機能を一時的に移転する方針を示した。仮設店舗に入れない場合の事業者には、補償で対応する方針だ。

 説明会には約70人が参加。「再生事業はスケジュール通り進むのか」「新しい市場のターゲットは観光客か市民か」「公設市場の周辺商店の活性化にもつなげてほしい」など計65件の意見や要望があった。

 第一牧志公設市場組合の粟国智光組合長は「現地建て替えの方向性が示され、スタートラインに立った。中心市街地の拠点としてにぎわい創出に向け、これから本格的な議論も出てくる。市民と行政と連携して取り組みたい」と話した。

最終更新:9/9(金) 16:25

沖縄タイムス