ここから本文です

巨人、一発攻勢&大竹好投で広島Vを阻止 セ界一の行方は直接対決へ

ベースボールキング 9月9日(金)21時8分配信

● ヤクルト 2 - 5 巨人 ○
<23回戦 神宮>

 巨人が効果的な一発攻勢と先発・大竹寛の好投で4連勝。この結果、試合のなかった広島のマジック「1」は変わらず、優勝の行方は10日からの直接対決2連戦(東京ドーム)に持ち込まれることになった。

 負けられない巨人は初回、1番長野がヤクルト先発・デイビーズの初球を振り抜き、左中間席へ着弾する先頭打者弾をマーク。さらに2番亀井、4番阿部の単打で一死一、三塁とすると、今度は5番村田が19号3ランを左翼席へ運んだ。

 4-0の4回には、亀井が約4カ月ぶりの一発となる3号ソロを右翼席へ。坂本不在の打線が効果的な一発攻勢を見せ、5-0と試合の主導権を握った。

 打線の援護を得た大竹は、走者を出しながらも粘りの投球。3回は一死満塁のピンチを招いたが、4番バレンティンを投ゴロ併殺に仕留めピンチ脱出。4回以降はバレンティンの27号ソロによる1安打に封じ、7回1失点で6勝目(4敗)を挙げた。

 一方のヤクルトは、連勝中だったデイビーズが初回に崩れ、3回4失点で4敗目(4勝)。打線は序盤不安定だった大竹を捕まえ切れず、得点はバレンティンの2打席連続ソロによる2点に終わった。

BASEBALL KING

最終更新:9月9日(金)21時41分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月27日(火)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]