ここから本文です

カール・ハイドが語る、今なおアンダーワールドが幅広い年齢層に支持される理由

RO69(アールオーロック) 9/9(金) 12:09配信

3月に新作『バーバラ・バーバラ・ウィ・フェイス・ア・シャイニング・フューチャー』を発売し、サマーソニック2016ではヘッドライナーを務め、11月にはキャリア初となる日本武道館公演も決定しているアンダーワールド。現在発売中の『ロッキング・オン』10月号には、サマーソニック東京公演、当日の朝にカール・ハイドが、アンダーワールドの現在と未来について語ったインタビューが掲載されている。

アンダーワールドのライブに来る観客の年齢層が広がっていることについて、カール・ハイドは以下のように答えている。

「そこが面白いところなんだよね。特にここ2年は、ライヴに来てくれるお客さんの年齢層が今まで以上に広がってきたんだ。もちろん、昔からずっと聴いてくれているファンもいるけれどね。

今僕の一番上の娘は18歳でバンドをやっているんだけれど、娘の友達はみんなアンダーワールドが大好きなんだよ。誰に訊いてもそうなんだ。それで、『こんな古くさいグループの何がそんなにいいんだい?』って、尋ねてみたんだ。そうしたら、巡り巡って、僕達の昔の作品が再発見されているということのようだね。さらに、娘の友人達によれば、今回の『バーバラ・バーバラ・ウィ・フェイス・ア・シャイニング・フューチャー』は、とても結成から36年経つバンドの作品には思えない、と言うんだよ。若い彼らにとっては、まるでファースト・アルバムを出したばかりのバンドのように聴こえるらしい」

その他、「アンダーワールドを外部からシャットアウトする」と表現した新作アルバムについて、来年60歳を迎えるカール・ハイドがライブの中で今感じていること、アンダーワールドとしての展望についても語られたインタビューとなっている。

公演の詳細は以下の通り。

●ライブ情報
「UNDERWORLD LIVE AT THE BUDOKAN」
2016年11月9日(水)日本武道館
ONEN 18:00 START 19:00
TICKET:アリーナスタンディング ¥11,000(税込) 指定席¥9,000(税込)
チケット発売日:9/24(土)~

更なる公演の詳細は以下のサイトで御確認ください。
https://www.creativeman.co.jp/artist/2016/underworld/

『ロッキング・オン』10月号の詳細はこちらから。
http://www.rockinon.co.jp/product/magazine/143308

RO69(アールオーロック)

最終更新:9/9(金) 12:09

RO69(アールオーロック)