ここから本文です

映画『変態だ』、エンディング曲はみうらじゅん×GLIM SPANKY・亀本の書きおろし!

RO69(アールオーロック) 9/9(金) 10:10配信

2016年12月10日(土)公開予定の映画『変態だ』のエンディングテーマの作詞をみうらじゅん、作曲をGLIM SPANKYのギタリスト・亀本寛貴が手がけたことが明らかになった。

楽曲のタイトルは“Kill Bear”と題され、亀本にとって初めての映画書きおろし楽曲となり、ボーカルは主演の前野健太が担当している。なお、先日行われた福岡のサンセットライブでは、みうらじゅんと安齋肇率いる勝手に観光協会Zによって初披露された。

同映画は、企画と原作をみうらじゅん、監督を安齋肇、主演を前野健太が務めている。また、GLIM SPANKYのボーカル松尾レミは、本作に登場するぬいぐるみのデザインを担当しているとのこと。

映画情報は以下のとおり。

●映画情報
『変態だ』
2016年12月10日(土)公開予定
出演:前野健太、月船さらら、白石茉莉奈 他
監督:安齋 肇
企画・原作:みうらじゅん(原作『変態だ』小説新潮掲載)
脚本:みうらじゅん、松久 淳
制作:ドラゴンフライエンタテインメント
配給:松竹ブロードキャスティング アーク・フィルムズ
2015/日本/75分 ©松竹ブロードキャスティング 
公式サイト:http://hentaida.jp/

RO69(アールオーロック)

最終更新:9/9(金) 10:10

RO69(アールオーロック)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]