ここから本文です

新聞の活用法学ぶ かほく市が職員研修

北國新聞社 9月9日(金)2時54分配信

 かほく市の職員自主研修会「新聞の読み方講座」=写真=は8日、市役所で開かれ、若手職員を中心に約50人が新聞を短時間で効率的に読む方法や、記事スタイルを参考にした分かりやすい文書の書き方などに理解を深めた。

 新聞を仕事に活用するNIB(Newspaper in Business)の取り組みとして、北國新聞社の佐々木玲子NIB担当が講師を務めた。

 地方紙と全国紙の特長について説明し「地域密着の地方紙には、皆さんの仕事のヒントになる記事が充実している。情報の入手だけでなく、発信する手段としても活用してほしい」と紹介した。

 新聞には、幅広いジャンルの記事を読める「一覧性」もあるとし「これまで関心がなかった分野に目が向くことで、人生の可能性も広がる」と語った。

 北國新聞社は、石川県内の企業・団体を対象に、新聞を仕事に活用するための「NIB講座」を無料で実施している。申し込みは電話=076(260)3564、ファクス=076(260)3422=まで。

北國新聞社

最終更新:9月9日(金)2時54分

北國新聞社