ここから本文です

新商品開発へ美大生アイデア 石川県デザインセンター

北國新聞社 9月9日(金)2時49分配信

 石川県デザインセンターの「デザイントライアル事業」中間報告会=写真=は8日、金沢美大で開かれ、県内の2社から要望のあった商品開発に取り組む学生15人がアイデアを発表した。

 明石合銅(白山市)は「銅合金のパーソナルギフト」、加賀種食品工業(金沢市)は「物語のある最中種」を依頼した。学生は、銅の抗菌性や音色の良さを生かし、動物をあしらった蛇口の取っ手や卓上ラジオなどを考案したほか、水引やネクタイ、風鈴などをイメージしたもなかを提案した。

北國新聞社

最終更新:9月9日(金)2時49分

北國新聞社