ここから本文です

内田篤人、復帰の見通しは? シャルケ幹部「3週間以内にボールを…」

SOCCER KING 9月9日(金)11時32分配信

 シャルケのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるアクセル・シュスター氏が、DF内田篤人の近況と今後のトレーニング予定について明かした。同氏は「今後3週間のうちにボールを使った練習を始めることができる」と語っている。ドイツメディア『FUSSBALL.NEWS』が8日に報じた。

 報道によると、シュスター氏は「アツトは今、良い感触を持っている。ただ、今までは負荷を掛けるまではそういう状態だった。だから今後は、日本から持ち帰ってきた良い感触を確認する必要がある。少し待たないといけないね」とコメント。今後の見通しとしては「3週間のうちに、ボールを使った練習を始めることができるだろう。もちろん最初は個人での練習となる。チームでのトレーニングはその次のステップだね」と明かしている。

 さらにシュスター氏は、ヨーロッパリーグの選手リストに登録されている内田について「全てがうまくいけば、年内にプレーできるかもしれない。しかし我々は待たなければならない。慎重でなければならないんだ」と、今年中の復帰を見据えつつ、慎重な対応をすると強調した。

 内田は昨年6月に右ひざの手術を受け、長期離脱を強いられている。10月22日にボールを使った練習を再開し、今年1月にはフロリダでのトレーニングキャンプで全体練習に合流したとの報道もあった。昨シーズンは公式戦に出場することができず、オフには古巣である鹿島アントラーズでリハビリに励んだ。同クラブは6月2日、日本サッカー協会(JFA)の要請によって同選手を受け入れ、代表メディカルチームとの連携のもとでリハビリをサポートすると発表。慣れ親しんだ古巣での調整を経て復帰を目指している。

SOCCER KING

最終更新:9月9日(金)12時23分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。