ここから本文です

ミランに痛手、新戦力が早くも負傷 M・フェルナンデスが約1カ月の離脱へ

SOCCER KING 9月9日(金)12時42分配信

 日本代表FW本田圭佑のミランに移籍加入したチリ代表MFマティアス・フェルナンデスが、約1カ月の負傷離脱を強いられる見通しとなった。イタリアメディア『ANSA』が8日に報じている。

 報道によると、M・フェルナンデスは6日に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア 南米予選第8節ボリビア代表戦に途中出場したが、右太ももを負傷した。イタリアに戻って精密検査を受けたところ、右足ハムストリングの損傷が明らかとなったようだ。

 2週間後に再び、精密検査を受ける予定となっている模様だが、同メディアはM・フェルナンデスが約1カ月ほどの離脱を強いられる見通しと報じている。移籍期間終了目前の8月31日にフィオレンティーナからミランへ加入した同選手だが、新天地でのデビューは持ち越しとなった。

 M・フェルナンデスは1986年生まれの30歳。チリのコロコロから2006年にビジャレアルへ移籍し、スポルティングを経て2012年夏からフィオレンティーナでプレーしていた。現ミランのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が指導した2015年夏まではレギュラーポジションを掴み、2014-15シーズンのセリエAでは29試合出場2ゴールを記録。昨シーズンは22試合の出場で1ゴールを挙げている。

SOCCER KING

最終更新:9月9日(金)12時42分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]