ここから本文です

【予想スタメン】勝ち点「1」差の上位決戦、カップ戦で大暴れの浦和MF高木俊幸は先発濃厚

SOCCER KING 9月9日(金)20時5分配信

2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第11節
9月10日 19:00 浦和レッズ vs サガン鳥栖(@埼玉スタジアム2002)

■浦和レッズ ステージ制覇へ負けられない一戦、西川&柏木のコンディション面に不安

 浦和は2ndステージ制覇に向け、試金石となる一戦に臨む。今節で戦う鳥栖は浦和の背中を勝ち点「1」差で追っている。ここで負けると順位が入れ替わってしまうため、この試合を落とすわけにはいかない。

 リーグ戦では2連敗と躓いてしまった浦和だが、中断期間中に行われたルヴァン杯ではヴィッセル神戸に2連勝。勢いに乗るきっかけをつかんだ。

 中でもリーグ戦に向けて好材料となりそうなのは高木俊幸の奮闘だ。ルヴァン杯では2試合連続ゴールの合計3得点と大暴れし、チームのベスト4進出の立役者となった。出場機会に恵まれていなかった高木は、興梠慎三がリオデジャネイロ五輪に参加したことでリーグ戦でチャンスを得て、それを契機に存在感を高めた。今、一番波に乗っている男と言っていいだろう。

 また、右太もも裏肉離れで日本代表から離脱した槙野智章が全体練習に完全合流したのも朗報だ。代表に帯同できずに悔しい思いをした分、再開するリーグ戦にかける意気込みは強いはずだ。

 一方で、気になるのは日本代表に参加していた西川周作、柏木陽介の状態だ。柏木は左股関節痛もあって試合には出ず、西川も運動量の少ないGKとは言え、初戦のUAE戦を落としたことによるプレッシャーの増大で、強い心理的重圧を受けながら過ごした影響が気になる。

 鳥栖との過去5戦の戦績は1勝3分1敗と五分だが、埼玉スタジアム2002では1分1敗と勝てていない。鳥栖は2ndステージに入って成績を上げてきている。今回も厳しい戦いになるのは間違いないだろう。(totoONE編集部)

■サガン鳥栖 勝てば首位浮上の可能性、埼スタは過去1勝1分2敗

 リーグ戦とルヴァン杯で4連敗中と苦手にしていたアルビレックス新潟に快勝した前節。1-0というスコアだったが、新潟をシュート3本に抑え込んだことが鳥栖にとっては大きな自信になった。その後に行われた天皇杯2回戦の琉球戦では、GK林彰洋が日本代表、DFキム・ミンヒョクが韓国代表でチームを離れていたが、FWムスタファ・エル・カビルが加入後初ゴールをマークするなど3-1で快勝。この2人が代表戦に出場することはなかったが、代表で得た収穫や課題を胸にモチベーションを上げている。

 好調をキープしている鳥栖だが、8月のアウェーゲームは1分1敗と未勝利に終わり、勝ち点1しか得られなかった。この試合に勝てば、川崎フロンターレの結果次第で首位に立つ可能性もある。高橋義希は「個人としては、少しでも上の順位だったり、優勝を目指してやっていますけど、鳥栖は1試合1試合の積み重ねで今この位置にいると思うので、先のことは考えずに浦和とどう戦って、どう勝つかに集中してやっていきたい。その結果で首位に立てたら嬉しいです」と話した。

 天皇杯で頭を負傷したMF金民友、移動疲れの残るキム・ミンヒョクのコンディション不良、埼玉スタジアム2002では1勝1分2敗と負け越すなど不安な面もあるが、マッシモ・フィッカデンティ監督は「今の自分たちの実力が試されるときなのかなと思います」と前向きに話した。鳥栖は持てる力を結集させて、この大事な一戦に臨む。(荒木英喜)

SOCCER KING

最終更新:9月9日(金)21時30分

SOCCER KING