ここから本文です

【予想スタメン】首位キープへ、川崎は今季1分1敗の福岡にリベンジなるか 中村はシャドー起用濃厚

SOCCER KING 9/9(金) 20:25配信

2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第11節
9月10日 19:00 川崎フロンターレ vs アビスパ福岡(@等々力陸上競技場)

■川崎フロンターレ 井川が長期離脱もエドゥアルドが好調、最下位相手に油断なし

 両者のスタイルと力関係からすると、川崎がボールを保持する時間帯が長くなると見ていいだろう。となれば、ポイントとなるのは最後の崩しの精度になる。

 システムは「3-4-2-1」が予想されており、前線には大久保嘉人のワントップ、そして2シャドー中村憲剛と小林悠の組み合わせが濃厚だ。前々節の浦和レッズ戦で機能した形でもあり、真ん中から崩す技術とイメージを共有できる3人が近い距離でプレーできることに加えて、前線の3人だけで手数を掛けずに攻撃を完結させることもできる速さもある。特に大久保は、8月で1ゴールと得点も湿りがちだっただけに、4年連続得点王に向けたスパートといきたい。

 一方、守備面に目を向けると、前節柏レイソル戦は今季最多の5失点を喫して大敗。井川祐輔が長期離脱となってしまったのは痛いが、エドゥアルドが先発復帰する予定だ。直近の天皇杯で移籍後初ゴールを決めており、「モチベーションはかなり高い」と本人も気合い十分。3バックの顔ぶれには、天皇杯で痛めた足に不安を残す武岡優斗の位置に田坂祐介が入るオプションも試している。

 福岡とは今季公式戦で2度対戦している。カップ戦ではセットプレーで沈み、1stステージ優勝も懸かっていたリーグ戦では、立ち上がりの2失点が響いてドロー。「1stステージでは、もっとやれたという気持ちがみんなあったと思う。今回は、そこをしっかりとやりたい」と車屋紳太郎。相手は最下位だが、選手たちに油断はなく、むしろリベンジの気持ちが感じられるほど。勝って首位キープといきたい。(いしかわごう)

■アビスパ福岡 7連戦の最終戦、金森や城後ら主力のコンディション面に不安

 福岡は8月20日のJ1・2nd第9節から、3週間で7試合目と過密日程をこなす。8月31日、9月4日に行われたルヴァン杯準々決勝は、FC東京にアウェーでドロー、ホームで敗れてベスト4進出はならなかった。また、7日に行われた天皇杯2回戦は、J2レノファ山口に延長前半でリードを奪いながら、終了間際に追いつかれ、PK戦で敗れるという後味の悪い結果となった。しかもこの試合では、主力の金森健志と城後寿が80分前後から延長戦まで出場しており、コンディション面も不安要素だ。

 勝ち切れない試合が続いたが、井原正巳監督は「残りのリーグ戦7試合にすべてを懸けて、その一本に集中して(残留の)可能性がある限り戦う」と前を向いた。残留ラインとの年間勝ち点差は「11」まで広がり、非常に厳しい状況だが、7戦全勝の覚悟で臨む。好材料と言えるのは、川崎との相性の良さだ。年間首位を走る川崎とは今季2度対戦しており、1勝1分と負けなし。これまでのJ1対戦成績も3勝1分3敗と五分の戦績だ。

 福岡はウェリントン、坂田大輔、平井将生、中原貴之と攻撃陣にけが人が多発しており、メンバー的にも厳しい状況にあるが、川崎から高い位置でボールを奪えれば、スピードを生かしたショートカウンターでチャンスを作ることはできるだろう。少ない決定機でゴールを奪えるかが、勝敗を分ける。ベンチスタートの予想だが、福岡の下部組織出身で4年目の三島勇太が天皇杯、ルヴァン杯とゴールを挙げており、そうした勢いのある若手がラッキーボーイになることにも期待したい。(新甫條利子)

SOCCER KING

最終更新:9/9(金) 20:28

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報