ここから本文です

【予想スタメン】首位の座狙うG大阪、甲府戦は5戦負けなしの3連勝中

SOCCER KING 9/9(金) 20:40配信

2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第11節
9月10日 19:00 ガンバ大阪 vs ヴァンフォーレ甲府(@市立吹田サッカースタジアム)

■ガンバ大阪 長沢ら攻撃陣が好調、下位チームからの取りこぼしは避けたい

 直近のルヴァン杯準々決勝第2戦でサンフレッチェ広島を6-3で下し、準決勝進出を決めたG大阪。そのホーム戦では先制される展開ながら、好調を維持する長沢駿の2ゴールで逆転すると、2-2に追いつかれた後もセットプレーから丹羽大輝が加点したのを皮切りに、今季最多の計6得点を刻み、宿敵を打ち負かした。その流れを今節、再びホームの地で迎えるJ1リーグ戦にもつなげられるか。堅守を誇る甲府を相手に再び攻撃力を炸裂できるのか楽しみだ。

 キーになるのは得点力だ。今季はどこかしっくりこなかった攻撃がここにきて噛み合い始め、かつ、“フィニッシュの迫力”という部分でも個の質の高まりに並行して、決定力も高まりを見せている。何より、「誰が出ても勝てる」という空気が漂い始めているのも心強い限り。思えば、2014年の三冠は選手層の厚さが武器となって実現した偉業だったが、最近の試合でも同じように途中出場の選手が結果を残したり、流れを変えたり、FW呉屋大翔に初ゴールが生まれるなど、終盤の苦しい戦いに向けて確実に起爆剤となってくれそうな選手層の充実が見られる。そうしたプラス材料を確実に勝利につなげることできれば、現在、勝ち点「2」差で1位に君臨する川崎フロンターレが座り続ける“首位の椅子”を手にできるはず。そのためにも、今節を含めて下位チームからの取りこぼしは絶対に避けたい。(totoONE編集部)

■ヴァンフォーレ甲府 リーグ戦は3試合負けなしを維持、攻撃面に変化の兆し

 大分トリニータとの天皇杯は攻撃が不発。PK戦の末に初戦敗退と、スタジアムまで足を運んでくれたサポーターの期待を裏切ったが、リーグ戦に限ればここ3試合負けなし。15位との勝ち点差を「7」に広げて、残留争いを優位に運べるところまできた。とりわけ直近の2試合は橋爪勇樹のセットプレーから、田中佑昌、黒木聖人と、いずれも途中出場の選手がゴールを記録。クリスティアーノ(現柏レイソル)、ドゥドゥの個の力頼みだった得点力に、変化の兆しが見られたことも心強い。

 ただ、G大阪には2014年から現在まで、5戦勝ちなしの3連敗中。そのうち4試合で4ゴールを献上していた宇佐美貴史はドイツに移籍したものの、佐久間悟GM兼監督は「長沢(駿)、アデミウソンの2トップは攻守に献身的だし、宇佐美やパトリックが外れたことで、むしろバランスが取れて、守備は良くなっている」と分析。今季1stステージの対戦では、長沢に決勝ゴールを奪われているだけに、ここ公式戦3試合で4得点と好調の長身FWに、なおさら警戒を強めている。

「簡単に失点したくないし、G大阪は両サイドバックが大胆に攻め上がってくるので、左右のシャドーとウイングバックの4人で、しっかりサイドを対応したい」(佐久間GM兼監督)ために、今節はダヴィがベンチスタート。ドゥドゥが1トップに回り、シャドーストライカーの位置には田中が入る見込みだ。

 右ひざの痛みが再発した新井涼平の不在は痛手だが、時にシャドーの選手を最終ラインまで下げ、人数を掛けて中央を固くして、勝ち点を拾いにいく戦いをするつもりのようだ。(渡辺功)

SOCCER KING

最終更新:9/9(金) 20:42

SOCCER KING

なぜ今? 首相主導の働き方改革