ここから本文です

ジャガー初のEVレーシングカー「I-TYPE 1」でフォーミュラE参戦

オートックワン 9月9日(金)15時44分配信

シングルシーターの電気自動車による初の世界選手権であるFIAフォーミュラE世界選手権への参戦を表明しているジャガーは、チームの正式名称、ビジョン、タイトル・スポンサー、ドライバー・ラインアップ、展望を発表した。

このニュースのフォトギャラリー

チームの正式名称は「パナソニック・ジャガー・レーシング」。2016年10月に開幕するフォーミュラE第3シーズンから、ジャガー史上初となる電気自動車のレーシングカー「I-TYPE 1」で参戦する。

ジャガー・コレクションズ・センターで実施した発表イベントでは、パナソニック・ジャガー・レーシングのリザーブ・ドライバーであるホーピン・タン選手が新型マシン「I-TYPE 1」を運転して登場し、鮮烈なデビューを飾った。そして、電気自動車に対する見方を変え、新しい電気技術の開発と次世代のファン獲得を目指す「Race To Innovate(イノベーションのためのレーシング)」というブランド・コミットメントの概要を説明した。

さらに、第3シーズンにおいて「I-TYPE 1」を駆るドライバーとして、アダム・キャロル選手とミッチ・エバンス選手を発表、披露した。このドライバーたちが、世界トップレベルのモータースポーツに復帰するジャガーの先頭に立ち戦う。

ジャガーは、パナソニックとのパートナーシップの詳細についても発表した。世界をリードする総合電機メーカーであり、自動車技術を有するパナソニックが、ジャガー・レーシングと連携し、最高レベルのパフォーマンスが問われるフォーミュラEという環境において、電気技術の限界に挑戦します。またジャガーは、オフィシャル・チーム・パートナーとしてリア・コーポレーションが参加することも発表した。

パナソニック・ジャガー・レーシングのチェアマンを務めるガード・マウザー氏は、「本日、ジャガー・レーシングは新しい歴史の幕を開けました。ジャガーはフォーミュラEに参戦する最初のプレミアム自動車メーカーとして、世界トップレベルのモータースポーツに復帰できることをとても誇りに思います。未来は変化し続けており、当社もその変化の渦中にいます。都市部で開催されるレースに参戦し、新世代のジャガー・レーシングのファンを魅了することができるのを心待ちにしています。フォーミュラEは次世代のファンの注目を集めるのに最高のプラットフォームだと確信しています。」とコメントした。

ジャガー・ランドローバーのプロダクト・エンジニアリング担当エグゼクティブ・ディレクターである、ニック・ロジャース氏は、次世代の電気自動車の開発におけるフォーミュラEが果たす役割と、ジャガー・ランドローバーの今後の製品ラインアップにおける電気自動車の重要性を強調した。

「これからの自動車業界は、過去30年間に起きてきたこと以上の変化が今後の5年間で起こると、当社はみています。フォーミュラEに参戦することで、極限条件下で当社の先進技術のエンジニアリングやテストをすることが可能になります。フォーミュラEで得る貴重な知識は今後市販車の開発に応用していきます。ジャガー・ランドローバーは、現在9000人のエンジニアを雇用していますが、このエンジニアたちが蓄積してきたデータを抽出して活用することで、レーシング業界における電気技術の新境地を打ち立てていくことができると自負しています。」

パナソニック・ジャガー・レーシングは、ドニントンパーク・サーキットで終了したフォーミュラEの最終公開テストを含め、21日間にわたるテストを無事に終了した。

パナソニック・ジャガー・レーシング・チームのディレクターであるジェームズ・バークレー氏は、「本日、このようにパナソニック・ジャガー・レーシング・チームの正式発表を行うことができ、チームにとって、そして私自身にとっても特別な日となりました。フォーミュラEデビュー戦に向け、この9か月間、チーム全員がベストを尽くしてきてくれました。アダム、ミッチ、ホーピン、パナソニック、リア・コーポレーション、そして新しいファンの皆様を、ジャガー・ファミリーに迎えることができ、大変嬉しく思います。私たちは、レースでも、レース以外でも常に勝利を目指しています。ですが、他の競合チームは私たちより2年も先にレースに参加しているなか、勝利を目指すことは決して簡単ではないことは十分承知していますし、冷静な見通しを持っています。最終的には、フォーミュラEでの優勝を目指していますが、それだけが目的ではなく、技術革新のためにフォーミュラEで戦うのです。FIA会長のジャン・トッド氏と彼のチーム、そしてフォーミュラEのアレハンドロ・アガグ氏と彼のチームに、この画期的なシリーズの開催と、ジャガーの参戦に伴うこの12か月におよぶ献身的なサポートに対し、心から感謝を申し上げます。」と述べた。

最終更新:9月9日(金)15時44分

オートックワン