ここから本文です

三菱自、燃費問題渦中にまたも不正、国交省が精査-資本提携に影

Bloomberg 9月9日(金)6時0分配信

日産自動車の傘下に入る予定の三菱自動車が燃費不正問題発覚後の再測定でも不正行為を繰り返していたことが判明し、国土交通省はあらめて同社の管理体制を厳しく精査している。事態の展開次第では日産自との提携スケジュールがさらに遅れる可能性もある。

三菱自の東京・港区の本社と愛知県岡崎市の開発拠点には2日、国交省職員が立ち入り検査した。同社関連施設への立ち入りは4月の問題発覚以降で3度目。国交省は三菱自が当初提出した燃費について調査した結果、先に不正が発覚していた軽自動車4車種を除く現行販売9車種のうち8車種でカタログ燃費を下回っていたと8月30日に発表、三菱自は対象車種の販売を見合わせていた。

国交省自動車局審査・リコール課の蛯原勇紀氏によると、国交省は今回の立ち入り検査で押収した資料の分析や益子修会長兼社長ら役員への聞き取りなどを通じて不正の解明を進めている。車両試験の社内規定が適切だったかなど今後の調査次第では問題が拡大する可能性もあり、再度の立ち入りも「否定できない」という。

三菱自・広報担当の村田裕希氏は電子メールで、当局から3度目の立ち入り検査を受けたことについて、ユーザーに不信感を与え、自動車業界に対する信頼を傷つけたと反省しており、当局には全面的に協力しているとコメントした。日産自との資本業務提携への影響については、日産自のデューディリジェンス(資産などの適正評価)が進んでおり、これまでの発表内容から変更ないものと考えているとした。

同課の斧田孝夫課長は8月30日の会見で、三菱自の再測定では担当者が走行抵抗値の測定を約60回重ね最も低い数値を抽出していたと指摘。国交省の確認作業では5回測定し、そのうち中央の3つの数値を抽出した。その結果、ガソリン車とディーゼル車で最大約8.8%、平均約4.2%、カタログ燃費を下回っていたことが判明した。国交省は三菱自の測定方法を不正な取り扱いとして是正を指示していた。

1/2ページ

最終更新:9月9日(金)15時50分

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]