ここから本文です

ガンドラック氏:債券投資家は守りの構えを、金利と物価は上昇も

Bloomberg 9月9日(金)9時29分配信

米ダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック最高投資責任者(CIO)は、債券投資家に金利上昇とインフレ高進に備える時が来たと述べ、ポジションのデュレーション(平均回収期間)を短縮し資産を現金に移してボラティリティから身を守るよう勧めた。

ガンドラック氏(56)は8日にウェブキャストで、「非常に大事なときだ。金利は底打ちした。私がここ数年話してきたように金利は短期的に上昇しないかもしれない。しかし、何かが始まりつつあると思う。守りの構えを取るべきだ」と述べた。

同氏は7月に米10年債利回りが低水準を維持できなかったことを金利底打ちの証拠として挙げた。同氏は米10年債利回りが2016年末までに2%を超える可能性があると語った。

同氏の主力ファンド「ダブルライン・トータル・リターン・ファンド」(運用資産617億ドル=約6兆3000億円)は、今年のリターンがプラス約4%で、指標のブルームバーグ・バークレイズ・米国総合指数を2ポイント下回っている。高利回り債やデュレーションが長めのポジションは避けており、同ファンドの実効デュレーションは2.4年と、指数の半分弱だと同氏は述べた。

原題:Gundlach Says It’s Time to Get Defensive as Rates May Rise (1)(抜粋)

John Gittelsohn

最終更新:9月9日(金)9時29分

Bloomberg