ここから本文です

ウェルズ・ファーゴに190億円の制裁金-顧客に無断で口座開設と米当局

Bloomberg 9月9日(金)13時16分配信

米銀ウェルズ・ファーゴの従業員が販売目標を達成するため、顧客の許可なく預金とクレジットカードの口座を開設したとして米当局が調査していた問題で、同行は1億8500万ドル(約190億円)を支払って決着させることに同意した。

米消費者金融保護局(CFPB)の8日の発表によると、ウェルズ・ファーゴは消費者が知らなかった可能性のある口座を200万余り開設した。同行はCFPBに過去最高の1億ドルの制裁金、通貨監督庁(OCC)に3500万ドル、ロサンゼルス市当局に5000万ドルをそれぞれ支払うことに同意した。また、ウェルズは手数料を負担した顧客に補償を行う。 同行は不適切な販売慣行をめぐり5300人を解雇した。

CFPBのコードレイ局長は「ウェルズ・ファーゴの従業員は販売目標を達成してボーナスを受け取るために、秘密裏に無許可の口座を開設した」と主張。「こうした違反の重大性を踏まえ、ウェルズ・ファーゴはCFPBがこれまで科した制裁金の中で最高額を支払うことになる」と指摘した。

ウェルズは当局の主張を認めも否定もせずに調査を決着させることに同意し、顧客の補償のために500万ドルを引き当てたことを声明で明らかにした。「顧客が頼んでもない商品を受け取った可能性があるなら、当行は遺憾に思うと同時に責任を取る」と表明した。

原題:Wells Fargo Is Fined $185 Million Over Unapproved Accounts (2)(抜粋)

Jesse Hamilton

最終更新:9月9日(金)13時16分

Bloomberg