ここから本文です

UBSウェルスマネジメント、クオンツ技術者を増やす-2年で倍増

Bloomberg 9月9日(金)17時39分配信

UBSグループのウェルスマネジメント部門で最高投資責任者(CIO)を務めるマーク・ハーフェラー氏は、自身の下で働くクオンツ技術者数をここ2年で倍に増やしたが、さらに多くを採用したい考えだ。

同氏はスイスのチューリヒでのインタビューで、顧客は自分たちの直観に従って投資するよりも、UBSのクオンツアナリストらが設計した複雑なデータ処理技術を使った戦略を活用すべきだと述べた。顧客にアドバイスする担当者10人に1人が、今ではそうした技術を利用しているという。ハーフェラー氏は200人余りのチームを率い2兆ドル(約204兆円)の管理・運用に携わっている。

低金利と中央銀行の介入でリターンを上げるのが難しい中、銀行や投資ファンドは物理学や高等数学を学んだクオンツ技術者の採用を増やしている。クオンツモデルは「ポートフォリオのリスクを高めたり減らしたりするタイミングを測るのに役立つ」とハーフェラー氏は指摘。投資の決定を同氏とチームに委ねた顧客は平均的に、独自に判断する顧客より高い利益を得ていると語った。

男性中心の銀行界では珍しく、新しく採用するクオンツ技術者には女性が多いとも同氏は述べた。

原題:UBS Wealth Management’s Haefele Joins Battle to Recruit Quants(抜粋)

Jeffrey Voegeli

最終更新:9月9日(金)17時39分

Bloomberg