ここから本文です

オンキヨー、ハイレゾ音源を精緻に表現するネットワークプレーヤー

CNET Japan 9月9日(金)8時15分配信

 オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは9月8日、オンキヨーブランドからハイレゾ音源再生ができるネットワークオーディオプレーヤー「NS-6170/6130」(税別価格:10万5000円/5万9000円)を発表した。発売は9月下旬。

 有線によるネットワーク接続とUSB経由で、192kHz/24bitまでのFLAC、WAV、AIFF、Apple lossless、11.2MHzまでのDSDのハイレゾ音源再生に対応。旭化成エレクトロニクス製のDAC「AK4990」と独自の「DIDRCフィルター」をL/R各チャンネルにそれぞれ搭載する「ツインモノラル構造」により、ハイレゾ音源を忠実に再現できるとしている。

 LAN端子を備えたほか、Wi-Fi接続にも対応。Google Castやradiko.jpプレミアムに対応するほか、「e-onkyoダウンローダー」機能を搭載し、「e-onkyo music」で購入したハイレゾ音源をPCを使わずに接続したUSB HDDにダウンロードすることもできる。アナログ、同軸デジタル音声出力端子を備えるほか、6170のみ光デジタル音声出力端子も装備する。

 サイズは高さ100mm×幅435mm×奥行き317(6130は318)mmで、重量約4.5(6130は3.5)kg。専用アプリ「Onkyo Controller」を使えば、スマートフォンやタブレットから楽曲の選択や基本操作が可能だ。

最終更新:9月9日(金)8時15分

CNET Japan