ここから本文です

KDDI田中社長に聞くiPhone 7/7 Plusの販売戦略--ネットワーク改善も顧客体験重視で

CNET Japan 9月9日(金)15時28分配信

 Appleが9月7日(米国時間)に発表した「iPhone 7/7 Plus」。耐水・防塵対応やFeliCaの採用などもあって日本での期待度は高く、日本での販売、特に大手キャリアの販売施策に注目が集まるところだ。発表会が実施された米国・サンフランシスコにて、KDDI代表取締役社長の田中孝司氏に、auのiPhone 7/7 Plusの販売に向けた取り組みについて話を聞いた。

“差”を付けるのが難しいiPhoneの販売戦略は?

 auは2015年4月より、「お客さま体験価値向上プロジェクト」を立ち上げ、顧客体験を重視した取り組みを実施してきた。長期利用者向けの優待サービス「au STAR」を立ち上げるなど、大幅な戦略転換を行っている。それゆえ、iPhoneの販売に関しても「顧客の体験価値を重視した取り組みを進めていく」と、田中氏は話す。

 特に2016年は、総務省が「スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン(PDF)」を打ち出し、実質0円販売が事実上できなくなったほか、8月には公正取引委員会が「携帯電話市場における競争政策上の課題について(PDF)」という報告書を出すなど、行政側がスマートフォン販売の見直しを大手キャリアに要求。従来のようにiPhoneを安価に販売して集客することは、難しくなってきている。

 しかもiPhone 7/7 Plus自体は内容が同じであるため、キャリアによって差をつけることが難しい商材でもある。それだけに田中氏は、顧客体験価値を向上させることが、新しいiPhoneの販売においても大きな意味があると見ているようだ。

 iPhoneユーザーの顧客体験価値を高める、auの取り組みの1つとなるのが、携帯電話料金と一緒に料金が請求される、いわゆるキャリア課金サービス「auかんたん決済」を、App StoreやiTunesの決済に対応させたことである。キャリア課金は若い世代やクレジットカードを持ちたくない人達に人気の決済手段だが、Appleは長い間キャリア課金の導入をしてこなかった。現時点でも国内で、App Storeなどでキャリア課金が利用できるのはauだけであり、この対応はとても高い好評を得ているとのことだ。

 そしてauでは、iPhone 7/7 PlusでFeliCaが導入されたことを受け、さらにモバイルペイメントに対する取組を拡大するとのこと。早速、auのクレジットカードサービス「au WALLETクレジットカード」を、JCBなどが開発した非接触電子マネー基盤「QuicPay」を用いてApple Payに対応させることを発表している。iPhone 7/7 PlusはSuicaにも対応していることから、まずはSuicaによる交通系電子マネーと、クレジットカードの対応によって利用拡大を進めていく考えのようだ。

 FeliCa搭載が大いに盛り上がったiPhone 7/7 Plusだが、実際のユーザーに響くのは「1に耐水、2にカメラ」と田中氏は見ているようだ。特にカメラに関しては、iPhone 7 Plusのデュアルカメラに注目。耐水、FeliCaなどと共に「Androidに対してキャッチアップできたことは、ユーザーにとっても嬉しいことなのではないか」と、田中氏は話している。

最終更新:9月9日(金)15時28分

CNET Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]