ここから本文です

オンキヨー、ハイレゾ対応と完全ワイヤレス2つの“こだわり”イヤホン--開発に1年以上のモデルも

CNET Japan 9月9日(金)17時53分配信

 オンキヨー&パイオニアイノベーションズは9月9日、オンキヨーブランドからハイレゾ対応の「E900M」(想定税別価格:3万9800円)と、左右のケーブルも省いた完全ワイヤレスモデル「W800BT」(同:2万9800円)の2機種を発表した。

 E900Mは、デュアルバランスドアーマチュアドライバと6mmのダイナミックドライバを内蔵したハイブリッドタイプのイヤホンだ。ハイブリッド構造の音響開発だけで18カ月以上を技術的研究期間に費やしたというこだわりのモデルで、音源にかかわらず高解像度と高い表現力を再現できるとしている。

 バランスドアーマチュアドライバとダイナミックドライバは、相互干渉を排除するため、独立構造のサウンドキューブを採用。5Hz~40kHzまでの広帯域再生を実現する。

 OFCツイストケーブルを付属するが、MMCXコネクタ採用により、バランスケーブルを含むケーブルの交換にも対応。ケーブル部にはマイク付きリモコンも備える。S、M、Lのシリコン製イヤチップに加え、S、M、Lサイズのコンプライ製イヤチップも同梱する。発売は11月下旬。

 W800BTは、ケーブルを完全になくし、イヤホン部のみで再生する完全ワイヤレスイヤホンだ。8.6mmのダイナミックドライバを搭載し、低域と高域をバランスよく再現。密閉型構造により、外部からの雑音を排除し、クリアな再生音が得られるという。

 リチウムポリマー充電池を内蔵し、イヤホン本体で最大3時間の連続使用が可能。専用充電ケースにはイヤホンに5回の充電が可能なバッテリを内蔵し、ケースに入れた状態で充電ができる。専用充電ケースを含んだ重量は約125g。S、M、Lサイズのシリコン製イヤチップが付属する。発売は10月初旬。

 両機種ともに、東京・八重洲にあるショールーム
「Gibson Brands Showroom TOKYO」で展示しており、試聴も可能だ。

最終更新:9月9日(金)17時53分

CNET Japan