ここから本文です

ブリアトーレ「今のフェラーリを見ればアロンソのすごさが分かる」

TopNews 9月10日(土)5時52分配信

かつてルノーのチーム代表を務め、2005年と2006年にはフェルナンド・アロンソとともにF1タイトルを獲得したフラビオ・ブリアトーレが、現在のフェラーリについてコメントした。

先週末にF1第14戦イタリアGPが開催されたモンツァにおいて、サポートレースとして行われたGP2シリーズの表彰式でトロフィーのプレゼンターを務めたブリアトーレは、モンツァのF1開催契約延長交渉にもかかわっていたことで知られている。

そのブリアトーレは、モンツァで2014年まで5年間フェラーリに在籍していたアロンソを引き合いに出しながら『Sport Bild(シュポルト・ビルト)』に次のように語った。

「セバスチャン(ベッテル)が抱えた問題を見ていると、フェルナンドがどれほどいいドライバーだったのかが分かるよ。違いをもたらしていたのはクルマではなく、彼だったわけだからね」

「フェラーリは勝利を得るために必要なものの80%を手にしている。だが、残りの20%が非常に大きな仕事なんだ」とブリアトーレは付け加えた。

最終更新:9月10日(土)5時52分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。