ここから本文です

NHK籾井会長「SMAP紅白出場」をジャニー社長に“直談判”へ

東スポWeb 9月10日(土)5時20分配信

 SMAPが「Can’t Stop!!―LOVING―」でCDデビューしたのが25年前の9月9日。それに先立つ8日、NHKの籾井勝人会長(73)は定例記者会見で、SMAPについて「あれだけのグループなので、当然出てもらいたい」と、大みそかの「NHK紅白歌合戦」に出場を望む意向を示した。

 12月31日をもって解散するSMAPが紅白に出場すれば、文字通りの「最後のステージ」となる。籾井会長は「ファンへの感謝の場をぜひ紅白で」と意欲満々に話した。

 SMAPの紅白出場については、ジャニーズ関係者が「100%ない」と話しているとの報道もあるが、籾井会長は「ジャニー喜多川社長にお話しすればいいのだと思います」と、トップへの“直談判”も辞さない構え。さらに「みなさんも大きく新聞に書いてください」とお願いするなど、熱烈なラブコールを送った。

 もし出場したら、紅白の視聴率アップは確実だが、果たして実現するか?

最終更新:9月10日(土)5時26分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。