ここから本文です

今日の歴史(9月10日)

聯合ニュース 9月10日(土)0時0分配信

1484年:朝鮮王朝時代前期の文官、徐居正(ソ・ゴジョン)らが新羅から高麗までの歴史を記述した「東国通鑑」を完成 ※東国通鑑は朝鮮王朝第9代王・成宗の時代に編さんされた史書。檀君朝鮮から三韓までを外紀、三国の建国から新羅文武王9年(669年)までを三国紀、669年から高麗太祖18年(935年)までを新羅紀、935年から高麗末までを高麗紀として編さんされた。翌1485年に「史論」を加えたものが完成した

1919年:斎藤実・朝鮮総督が文化政治による統治方針を発表

1987年:韓米の生命保険会社が合弁投資で合意し、保険市場が全面開放

1996年:排他的経済水域(EEZ)法が発効

1999年:日本大衆文化第2次開放を発表

2000年:シドニー五輪開会式での南北合同入場合意を発表

2005年:北朝鮮と経済協力事業を行う開城工業団地の本団地第1次団地の入居企業を選定

最終更新:9月10日(土)10時12分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。