ここから本文です

巨人4連勝!大竹寛 奮投で古巣・広島のV阻止「今日は何としても勝ちたかった」

デイリースポーツ 9月10日(土)5時0分配信

 「ヤクルト2-5巨人」(9日、神宮球場)

 意地で勝利に導いた。先発した巨人・大竹寛投手が7回1失点で6勝目。負ければ古巣・広島の優勝が決まる一戦だったが、なんとか屈辱を回避した。ヒーローは「今日は何としても勝ちたいと思ってマウンドに上がりました」と安どの表情を浮かべた。

 立ち上がりから球を低めに集め、凡打の山を築いた。4点リードの三回に1死満塁のピンチを迎えたが、続くバレンティンを外角低めのスライダーで投ゴロ併殺打。その後はバレンティンのソロだけに抑え試合を作った。

 14年に広島からFA移籍した右腕。古巣のVを左右する一戦も「そこは全く考えないで投げました」。最近2試合は5回を持たない背信投球。前回3日の中日戦後はフォーム修正にも取り組んだ。古巣を意識する余裕などどこにもなかった。「チャンスがあるなら次も結果を出せるようにしたい」。目線もすぐさま次回登板に切り替えた。

 チームはこれで4連勝。高橋監督は「ずっと勝たなくちゃいけないということは変わらない」と淡々と話した。10日からは本拠地で広島と2連戦。胴上げ阻止には2連勝しかない。村田ヘッドコーチは「明日もあさっても勝つよ!目の前で見たないよ!!」とチームの総意を代弁し、球場を後にした。

最終更新:9月10日(土)5時0分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]