ここから本文です

モンツァと7年契約締結を望んでいたエクレストン

TopNews 9月10日(土)6時51分配信

F1最高責任者のバーニー・エクレストンは、本当はモンツァと7年間におよぶ契約を結びたがっていた。

そう語ったのはイタリア北西部のサーキット運営をつかさどるSIAS(Societa Iniziative Autostradali e Servizi SpA)の会長を務めていた元F1ドライバーのイヴァン・カペリだ。

■モンツァ側が3年契約を希望

エクレストンとモンツァはついに先週末のF1イタリアGP開催に合わせて2019年までの3年契約を更新したことを明らかにしていた。

だが、エクレストンの本音としてはモンツァと7年契約を結びたいと考えていたようだ。

カペリはこれに関し、次のように語った。

「モンツァが柔軟性を残しておきたいと望んだのだ。F1がこの先どうなるかは誰にも分からないからね」

■正式決定にはさらにハードルも?

実際のところ、エクレストンとモンツァは先週末に2017年から2019年までの契約を結んだものと考えられている。だが、エクレストン側もモンツァ側も管轄権の理由により、正式な調印はロンドンで行われることになると語っている。

だが、ドイツの『Auto Motor und Sport(アウト・モートア・ウント・シュポルト)』は、正式な調印はさらに遅れることになるかもしれないと報じている。

それは、モンツァのライバルとしてイタリアGP開催を目指していたイモラが法的手段に訴える可能性があるためだ。イモラはイタリアのレース統括団体であるイタリア自動車クラブ(Aci)がモンツァのみを支援すると表明したことに対し、その違法性を追求するつもりではないかと言われている。

イモラは先週発表した声明の中で次のように主張している。

「イタリア自動車クラブの会長は、裁判所の判断の前に欠陥があると考えられる契約を進めようとしているものと考えられる」

最終更新:9月10日(土)6時51分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]